クーリングオフの本文へスキップ

クーリングオフ対象商品・権利・役務

無料相談・代行案内

クーリングオフクーリングオフ制度>商品・権利・役務

クーリングオフ対象商品・権利・役務

クーリングオフできる商品等は特定商取引法の政令指定商品として定められてます。


訪問販売・電話勧誘販売
特定商取引法の政令指定商品・権利・役務


特定継続的役務提供

エステ 健康食品(医薬品を除く。)
化粧品、石けん(医薬品を除く。)、浴用剤
下着類、
美顔器、脱毛器等の器具
英会話等の語学教室
学習塾
家庭教師
書籍
カセットテープ、CD、DVD等
ファクシミリ機器、テレビ電話
パソコン教室 パソコン、ワープロ及びこれらの部品、附属品
書籍
カセットテープ、CD、DVD等
結婚相手紹介サービス 真珠、貴石、半貴石
指輪その他の装身具

連鎖販売(マルチ商法)と業務提供誘引販売(内職・モニター商法)は指定商品制ではなく、取引に関連する全ての商品・権利・役務が対象。



クーリングオフ制度




  クーリングオフtopへ

  
 確実にクーリングオフしたい/暇がない/方法がわからないなどお困りでしたら
 行政書士によるクーリングオフ代行をご利用ください。無料メール相談も24時間受付中です



クーリングオフ・解約の知識 商品・サービス別
販売・取引別
悪徳商法の手口
クーリングオフ制度クーリングオフ実践

  サービス
  訪問販売
  ビジネス・電話勧誘
  キャッチ・その他
  クーリングオフの方法

キャッチセールス電話で勧誘されお店に行った訪問販売のクーリングオフ電話勧誘のクーリングオフマルチ(ネットワークビジネス)デート商法エステのキャッチセールス内職(在宅ワーク等)/通信販売(返品特約)
クーリングオフとは? 対象取引・クーリングオフ期間 対象商品・権利・サービス クーリングオフ通知するには 効果(適用除外) クーリングオフできない場合 クーリングオフQ&A集
クーリングオフの書き方 内容証明とは クーリングオフ(葉書・はがき)