クーリングオフの本文へスキップ

クーリングオフできない場合,解約対象外・クーリングオフ制度

無料相談・代行案内

クーリングオフができない場合


適用除外について

以下に記載した事項は、業者の自主規定によりクーリングオフできない商品に対してクーリングオフ制度を取り入れていたり、8日間の期間を10日間に延長していたりと例外もありますので、詳細は契約書等をご覧になってください。

なお、下記の事項以外にも細かいところでクーリングオフできない場合もありますので、少しでも気になる点がありましたら、お気軽に無料メール相談をご利用ください。


訪問販売・電話勧誘販売

・クーリングオフできる商品等、期間に当てはまらない場合
・営業用の取引
・3,000円未満の現金取引(商品の受け取りと代金の支払いが済んでいる)
・乗用自動車の契約・指定消耗品を自分の意志で使用
・その他の適用除外→訪問販売、電話勧誘販売の適用除外の条文、まとめ


特定継続的役務提供

・クーリングオフ期間が過ぎた場合
・関連商品以外の商品
・消耗品を自分の意志で使用
・その他の適用除外→特定継続的役務提供の適用除外の条文、まとめ


連鎖販売取引、業務提供誘引販売取引

クーリングオフ期間が過ぎた場合
法人、店舗等によって販売等を行う個人



クーリングオフ制度




  クーリングオフtopへ

  
 確実にクーリングオフしたい/暇がない/方法がわからないなどお困りでしたら
 行政書士によるクーリングオフ代行をご利用ください。無料メール相談も24時間受付中です



クーリングオフ・解約の知識 商品・サービス別
販売・取引別
悪徳商法の手口
クーリングオフ制度クーリングオフ実践

  サービス
  訪問販売
  ビジネス・電話勧誘
  キャッチ・その他
  クーリングオフの方法

キャッチセールス電話で勧誘されお店に行った訪問販売のクーリングオフ電話勧誘のクーリングオフマルチ(ネットワークビジネス)デート商法エステのキャッチセールス内職(在宅ワーク等)/通信販売(返品特約)
クーリングオフとは? 対象取引・クーリングオフ期間 対象商品・権利・サービス クーリングオフ通知するには 効果(適用除外) クーリングオフできない場合 クーリングオフQ&A集
クーリングオフの書き方 内容証明とは クーリングオフ(葉書・はがき)