クーリングオフの本文へスキップ

クーリングオフの通知方法・書面(内容証明)による通知/クーリングオフの仕方

無料相談・代行案内

クーリングオフの通知方法・仕方


クーリングオフは「書面」で行わなければなりません。

「書面」を要求している理由は、クーリングオフ(申し込みの撤回や契約の解除)を行ったことや、その日付について後日紛争が生じないようにしておくためです。

電話等、口頭でのクーリングオフは、引き止めに遭ってしまったり、「担当者は不在です」等と引き伸ばされてクーリングオフ期間が過ぎてしまう恐れもあります。

また、電話で解約を受け付けたのにもかかわらず、後々「聞いていない」と言われましたら、トラブルに発展する恐れがありますので、書面による通知をすべきです。

クーリングオフは解約したい理由や業者の同意を必要とせず、一方的に解約できる権利ですので、書面を送ってしまえば特にこちらから連絡する必要は無いのですが、どうしても連絡する必要があるのでしたら、書面を送ってから連絡された方が良いです。

その他、クーリングオフは書面を発信した時点で行使したことになりますが、ポストに投函すると日付が曖昧になり、相手業者とのトラブルにもなりかねません。

ですので、郵便局に行き、文章の内容と相手に送った日付を証明できる「内容証明郵便」を利用するのが確実です。その際は、「配達証明」を忘れずにつけてください。

なお、契約書に記載してある「クーリングオフの文例」のようにハガキに書き、簡易書留などで送る方法もありますが、それでは文の内容までは証明できません。

高額な契約をした場合や不当な勧誘を受け相手業者を信用できない等の場合は、トラブルのないよう内容証明(配達証明付)を利用した方が良いです。



クーリングオフ制度




  クーリングオフtopへ

  
 確実にクーリングオフしたい/暇がない/方法がわからないなどお困りでしたら
 行政書士によるクーリングオフ代行をご利用ください。無料メール相談も24時間受付中です



クーリングオフ・解約の知識 商品・サービス別
販売・取引別
悪徳商法の手口
クーリングオフ制度クーリングオフ実践

  サービス
  訪問販売
  ビジネス・電話勧誘
  キャッチ・その他
  クーリングオフの方法

キャッチセールス電話で勧誘されお店に行った訪問販売のクーリングオフ電話勧誘のクーリングオフマルチ(ネットワークビジネス)デート商法エステのキャッチセールス内職(在宅ワーク等)/通信販売(返品特約)
クーリングオフとは? 対象取引・クーリングオフ期間 対象商品・権利・サービス クーリングオフ通知するには 効果(適用除外) クーリングオフできない場合 クーリングオフQ&A集
クーリングオフの書き方 内容証明とは クーリングオフ(葉書・はがき)