ハガキのクーリングオフ

はがきのクーリングオフ手続きの仕方/クーリングオフ代行
クーリングオフ相談・代行クーリングオフ代行行政書士事務所
クーリングオフtop 無料相談 クーリングオフ・解約代行 相談が多い商品・サービス
クーリングオフ行使方法>クーリングオフ(ハガキ)
ハガキによるクーリングオフ文例

クーリングオフ文例 ハガキ(表) クーリングオフ文例 ハガキ(裏)

出す場合は、ポストに投函せず、郵便局に行き、相手業者へ届いたか確認できる書留で出してください。また、出す前にクーリングオフ通知文(ハガキ)は両面コピーして保存しておきます。

損害要償額 料金
簡易書留 5万円まで 基本料金+300円
一般書留 10万円まで 基本料金+420円
 
 注意点

注意点として内容証明郵便のように第三者である郵便局が文の内容を証明してくれるわけではありませんので、
・高額な契約の場合
・不当な勧誘(悪徳業者)で契約した場合
・クーリングオフ通知後もトラブルになりそうな場合
はあらかじめ内容証明郵便(配達証明付)で通知することをお勧めします。

クーリングオフTOPへ
無料相談 クーリングオフ代行
確実にクーリングオフしたい/暇がない/方法がわからないなどお困りでしたら行政書士によるクーリングオフ代行をご利用ください。
無料メール相談も24時間受付中です
悪徳商法