クーリングオフと中途解約制度

クーリングオフ・中途解約の解約方法、悪徳商法をケース別に対策/クーリングオフ・中途解約代行
クーリングオフ相談・代行クーリングオフ代行行政書士事務所
クーリングオフtop 無料相談 クーリングオフ・解約代行 相談が多い商品・サービス
中途解約

中途解約制度とは?

ここでの中途解約(途中解約)制度とは、特定商取引法に規定されている取引を対象とし、クーリングオフ期間は過ぎてしまったけれど、一定の損害賠償額(解約料)を支払うことにより解約できる制度です。
 
 
この場合は、クーリングオフ制度と同様に解約したい理由や事業者の同意は必要ありません。
途中解約
 

中途解約できる取引は?

現在、特定商取引法(政令)により中途解約が認められているものは以下のようになっています。

特定継続的役務提供
役務名 条件 中途解約期間
エステ 1ヶ月を超える契約期間
5万円を超える契約金額
クーリングオフ期間経過から
契約期間満了まで
語学教室 2ヶ月を超える契約期間
5万円を超える契約金額
パソコン教室
家庭教師
学習塾
結婚紹介

上のサービスと同時に契約した関連商品(例 エステで言えば化粧品等)も同時に解約できます。ただし、指定消耗品を自分の意志で使用した場合はその商品については解約できません。また、関連商品のみの解約もできません。

連鎖販売取引(マルチ商法)

個人を販売員として勧誘し、さらに次の販売員を勧誘させる形で、販売組織を連鎖的に拡大しておこなう商品等の販売(ネットワークビジネス等とも呼ばれるもの)

中途解約行使のポイント

中途解約は消費者に認められた権利ですので、一定の解約料を支払えば理由のいかんを問わず解約できます。

中途解約する際は、書面でも口頭でも良いのですが中途解約したという証拠を残しておくためにも、内容証明郵便による確実な証拠として残る形で送ると確実です。

ただ、ご自身で解約するさい、特に注意していただきたいのですが、良心的な業者であれば良いのですが、悪徳業者でしたら、相手は法律に関しては素人だと思い、「中途解約はできない」と言われたり、法外な損害賠償額を請求してくることも少なくありません。

損害賠償額の上限(業者が消費者に損害賠償できる額の限度)や算定方法は決められていますので注意してください。

クーリングオフTOPへ
無料相談 解約
確実に解約したい/暇がない/方法がわからないなどお困りでしたら
専門家によるクーリングオフ代行をご利用ください。無料メール相談も24時間受付中です
悪徳商法