催眠商法のクーリングオフ

クーリングオフについて解説/無料相談
クーリングオフ相談・代行クーリングオフ代行行政書士事務所
クーリングオフtop 無料相談 クーリングオフ・解約代行 相談が多い商品・サービス
クーリングオフ催眠商法>クーリングオフの効果、クーリングオフできない場合
クーリングオフの効果と適用除外

クーリングオフの効果

クーリングオフをした場合、原則として、すべて業者の負担となります。契約書に違約金の定めなどがあったとしても、消費者に不利なものは全て無効です。

違約金、損害賠償請求・・・請求されない

商品の引き取りや権利の返還に要する費用・・・業者負担

役務の対価その他の金銭または権利の行使により利用者が得た利益に相当する金銭・・・返還不要

支払った一部の代金または対価・・・利用者に返還

クーリングオフできない場合

契約の目的・内容が営業のためのものである場合(事業者名として契約)

クーリングオフできる商品等、期間に当てはまらない場合

その他の適用除外

クーリングオフできない場合についての注意点

上記で述べた「クーリングオフできない場合」以外にも細かいところで、クーリングオフできないケースがあります。また、この手の商法は業者の違反行為が多いので、クーリングオフや契約の無効を主張することができる場合もありますので、少しでも気になることがありましたら、無料相談などを利用して専門家のアドバイスを受けることをお勧めします。

クーリングオフできる商品、期間

クーリングオフの効果、できない場合

クーリングオフの方法

クーリングオフTOPへ
クーリングオフ期間早見表クーリングオフ期間が過ぎた場合中途解約制度特定商取引法の条文
クーリングオフ制度マルチ中途解約エステ、家庭教師等中途解約
催眠商法の多い商品、サービス  布団、浄水器 健康器具、健康食品 掃除機 磁気マット