催眠商法のクーリングオフ

クーリングオフについて解説/無料相談
クーリングオフ相談・代行クーリングオフ代行行政書士事務所
クーリングオフtop 無料相談 クーリングオフ・解約代行 相談が多い商品・サービス
クーリングオフ催眠商法>クーリングオフ行使方法
クーリングオフの行使方法

クーリングオフする際の注意点

クーリングオフは書面によってしなければなりません。

また、あとあと「解約した、してない」のトラブルにもなりかねませんので、クーリングオフ期間内に解約したという証拠も残しておくことも必要です。

そうならないためにも、クーリングオフする場合は期間内に送ったという証拠になり、文章の内容を証明してくれる「内容証明郵便」を利用すると確実です。

クーリングオフの書き方

クレジット契約(ローン申込)している場合

クレジット契約もしている場合、一般的な業者であればクーリングオフした場合、信販会社に通知するのですが、少しでも不安の残る場合は念のため信販会社にも連絡をし、書面による通知をしたほうがより確実です。

クーリングオフできる商品、期間

クーリングオフの効果、できない場合

クーリングオフ代行

クーリングオフTOPへ
クーリングオフ期間早見表クーリングオフ期間が過ぎた場合中途解約制度特定商取引法の条文
クーリングオフ制度マルチ中途解約エステ、家庭教師等中途解約
催眠商法の多い商品、サービス  布団、浄水器 健康器具、健康食品 掃除機 磁気マット