催眠商法のクーリングオフ

クーリングオフについて解説/無料相談
クーリングオフ相談・代行クーリングオフ代行行政書士事務所
クーリングオフtop 無料相談 クーリングオフ・解約代行 相談が多い商品・サービス
クーリングオフ催眠商法>クーリングオフ期間・取引
クーリングオフできる商品・期間

商品についての注意点

商品によっては、その一部でも使ってしまったり、封を切ってしまうことによって価置が無くなってしまう商品(健康食品、化粧品)などについては、自分の意志で消費した場合はその商品についてはクーリングオフができなくなります。政令で指定されている消耗品
「自分の意志」ですので販売員が商品説明のために使った場合は、「自分の意志」ではないので、クーリングオフできます。また、単に梱包されている箱を開けたり、包装紙を破いたりしただけでは、消費したことになりません。
現金取引(商品を全部受け取りかつ代金を全額支払い済)で代金の総額が3,000円未満である場合にはクーリングオフはできません。
乗用自動車は訪問販売の場合、クーリングオフ対象外となっています。

クーリングオフ期間

クーリングオフできる期間は、商品を買ったり、サービスを提供された事業者から法定の契約書面を交付された日から8日間です。

この期間内であれば、無条件で書面によりクーリングオフをすることができます。業者からの契約書面はクーリングオフの起算日となりますので重要なものです。特に、クーリングオフに関する事項の内容をよく確かめてください。

クーリングオフ期間についての注意点

業者から法定の契約書面の交付を受けた日を1日目とします。
(商品を受け取った日からではありません)
クーリングオフをする場合、「契約を解除します(申込みを撤回します)」という書面を発信した時点でクーリングオフをしたことになります。
(業者側に到達したときではありません)
ですので、発信した時がクーリングオフ期間内であれば、業者にクーリングオフの意志を伝えたことになります。

クーリングオフ期間が過ぎた場合

「クーリングオフ期間が過ぎてしまった」と思っていても、あきらめずに! 契約書面について
「重要事項に不備がある(クーリングオフに関する事項が記載されていない)」、「ウソの記載がある」等の場合は解約の道があります。
詳しくは→クーリングオフ期間が過ぎた場合

催眠商法とは?

クーリングオフの効果、できない場合

クーリングオフの方法

クーリングオフTOPへ
クーリングオフ期間早見表クーリングオフ期間が過ぎた場合中途解約制度特定商取引法の条文
クーリングオフ制度マルチ中途解約エステ、家庭教師等中途解約
催眠商法の多い商品、サービス  布団、浄水器 健康器具、健康食品 掃除機 磁気マット