アポイントメントセールスのクーリングオフ

アポイントメントセールス:クーリングオフ代行依頼受付
クーリングオフ相談・代行クーリングオフ代行行政書士事務所
クーリングオフtop 無料相談 クーリングオフ・解約代行 相談が多い商品・サービス
クーリングオフアポイントメントセールス>クーリングオフ行使のポイント

クーリングオフのポイント

クーリングオフする際の注意点

クーリングオフは書面によってしなければなりません。

また、あとあと「解約した、してない」のトラブルにもなりかねませんので、クーリングオフ期間内に通知したという証拠も残しておくことも必要です。

そういったトラブルにならないためにも、クーリングオフする場合は期間内に送ったという証拠になり、文章の内容を証明してくれる「内容証明郵便(配達証明付)」を利用するとよいです。

よく、「クーリングオフは電話でも受付しています」などといった業者もありますが、簡単にクーリングオフできるという点では良いのかもしれませんが、相手が悪徳業者であれば電話では証拠が残りませんので非常に危険です。

またクレジット契約もしている場合、大抵の業者であればクーリングオフした後は信販会社に通知しますので問題がないのですが、

クーリングオフしたけれどクレジット会社への返済だけが残ってしまうことのないように、連絡をしクレジット会社にも書面による通知をした方が良いです。

アポイントメントセールスのクーリングオフ

アポイントメントセールスとは?、手口

クーリングオフ対象商品と期間について

クーリングオフの効果、できない場合

クーリングオフによる解約のポイント

クーリングオフTOPへ
「被害の多い商品、サービス 教材、パソコン関連 化粧品、エステ、アクセサリー リゾート会員権、複合会員権」
クーリングオフの方法、流れ内容証明によるクーリングオフ書き方・出し方:書き方、出し方、クーリングオフ文例
クーリングオフ期間-クーリングオフ制度-クーリングオフとは?-対象取引・クーリングオフ期間-対象商品-通知するには-効果(適用除外)-できない場合-クーリングオフQ&A集確実にクーリングオフしたい/クーリングオフする暇がない/クーリングオフの方法がわからないなどお困りでしたら専門家によるクーリングオフ代行をご利用ください。無料メール相談も24時間受付中です。 クーリングオフ代行案内
解約