太陽光発電・エコキュート・オール電化の相談事例・クーリングオフ(訪問販売)

無料相談・クーリングオフ代行
クーリングオフ相談・代行クーリングオフ代行行政書士事務所
クーリングオフtop 無料相談 クーリングオフ・解約代行 相談が多い商品・サービス
クーリングオフご相談から>太陽光発電・エコキュート
太陽光発電・エコキュート・オール電化の相談事例

相談事例1 
6月に太陽光発電の訪問販売を契約しました。その日の夜、ゆっくり考え直し、金額の面からキャンセルすることに決めました。
 
翌日に、たまたまその営業マンが訪ねてきたので、その場でキャンセルする事を伝えました。すると、営業マンは、キャンセルを了解してくれて、ローン会社にもストップをかけてくれました。契約時に捺印、署名等した書類は、後日返却してくれることになりました。
 
ところが、3日後の夜の時点で、まだ書類は届いていません。
この状況で質問ですが、私はこのまま書類の返却を待っておくだけでよいでしょうか?もし万が一、書類が届かない場合、どうなるでしょうか?
 
契約日から8日間を過ぎて書類が手元に届かない場合は、解約が出来ない状況になり、結果的にキャンセルが出来ないこととなるでしょうか?合わせて、クーリングオフの手続きも進めておくべきでしょうか?

 

相談事例2
電話で「オール電化にしたら電気料金が安くなりますよ」と勧誘がありその後、家に訪問して来て説明を受け、工事の下見をするには、契約(申込)とローン契約を書いてもらわないと出来ないと言われ、契約書とローン契約書、生命保険申込書に署名、押印をした。
 
その後色々調べてみると電気料金の減額は上限3、150円があるし、商品そのものも定価の60%引きで他で出ている。保証期間が15年なのは魅力的だが販売店が倒産等した場合そこで保証も終わる可能性があり考えなおしたい。

 

相談事例3
20時頃、給湯システム関係の営業マン二人が訪れ、オール電化工事(工事費無料キャンペーン中)の案内を始めました。
 
何日か検討した後に返事をしたいと言ったが、「今日中にお返事をいただきたい」と営業マンに言われました。では契約できない、と断ったがしつこく粘られ、根負けして契約してしまいました。
 
しかし二人が帰った後、ネットで商品の単価を調べたら契約した金額よりかなり安かった事、今すぐオール電化工事は必要ないと思った事から、契約を解除したいと思います。
 
3日後に基礎工事、
5日後にに施行予定なので、すぐにでも解約したいです。

 

相談事例4
別会社の見積もりを取り値段も安かったのですが、モジュールが○○という事で性能的にこちらの方が上と説明を受け、50万ほど高かったのですが、補助金が下りるなどの点も考慮し、契約した。
 
後に色々と出費(ローンも含めると)を計算したところ現光熱費とあまり変わらない結果となり、この事から別業者さんなどから聞いたり見積もりを取ったところ、40-50万高い結果でした。
 
もちろん工事など含めてトータルでの判断となりますが、これからもう少し考えたいと思っています。この業者さんは特に悪徳業者とは思っていませんが契約破棄をお願いしたいと思っています。

 

相談事例5
夜7時過ぎに担当者が家に来て、設備と工事の説明をしていきました。説明によると、ガス代がほとんど掛からなくなるので10年で費用は相殺されるとの説明でした。
 
また、「今日中に申し込まないと、電力会社へ電気メーターの交換の申込みが間に合わなくなります」と説明されましが、そういわれても高い買い物だから時間が欲しいといいました。
 
その後も、やり取りの末、ガス代が安くなるならいいか。と思い、申し込みをしました。契約書にはクーリングオフの記載は見当たりませんでしたが、担当者に口頭で確認したところ8日間と答えていました。
 
設置場所と接続場所の確認に翌日に来て打合せをしたのですが、あとあと考えると半日の工事で20万円弱の工事費と数mの配管工事で8万円の材料費に納得がいかず、また家が新築の為、湯沸かし器も新品なので湯沸かし器は壊れたときに再度考えたいと思い、契約解除を決めました。

気になるのは 設備を購入してしまっているので解約は出来ないとか機器の代金だけは払って欲しいといったことを言われるのかが心配です。それとクーリングオフ期間8日ということで明日が期日ですが日曜日というのが気になります。


無料相談・代行案内

無料相談 クーリングオフ代行
確実にクーリングオフしたい/通知する暇がない/方法がわからないなどお困りでしたら
行政書士によるクーリングオフ代行をご利用ください。無料メール相談も24時間受付中です
クーリングオフTOPへ
内容証明によるクーリングオフ書き方・出し方/書き方、出し方、クーリングオフ文例
訪問販売とクーリングオフ/訪問販売のクーリングオフについて
悪徳商法