印鑑・姓名判断・占いのクーリングオフ(訪問販売)

無料相談・クーリングオフ代行
クーリングオフ相談・代行クーリングオフ代行行政書士事務所
クーリングオフtop 無料相談 クーリングオフ・解約代行 相談が多い商品・サービス
印鑑・占いの相談事例

相談事例1 クーリングオフ
6月に、東京のとあるファーストフード店で待ち合わせをして、占い鑑定をした後に契約しました。その時に、ローンの為、免許書のコピーもお願いされたのですが、保持しておらず家に忘れてたので、後日、FAXで送るように言われました。
 
契約した時は、占いが8割方当たってた事もあり、契約してしまったのですが、家に帰り冷静になると、30万を超える印鑑は高額だときづきました。
 
一度、契約をためらった時に、「使ってみて、運がよくならなかったら返していい。」と言われましたが、1日でも早く解決したいです。

 

相談事例2 クーリングオフ
友人がブレスレットを買ったお店について行きました。
そこで、「あなたは黒い影が見える」とか、「ブレスレットだけでは間に合わない」とか言われました。
 
また考えますと言ったら、そんなんじゃいつまで経っても変わらないとか言われました。
3、5、7万円の福袋を購入したら2倍分の金額のプレゼントを付けると言われました。
あなたは7万円じゃなくちゃダメ、3万円のではダメとか言われ、結局5万円分を購入することになりました。
 
内容はブレスレットの他に、ネックレス2点、水晶玉2つ、水晶の粉など。
持ち合わせがないため、その場では5000円だけ払い、後日、残金を払う約束をしました。家に帰って、冷静に考えると、総額でも5万円しないような品物だったので、できれば返品したいのですが、契約書とかは特になく、5000円のレシートしか渡されていないのですが、返品は難しいでしょうか?

  

相談事例3 クーリングオフ
本屋さんで本を立ち読みしていたところ「占いは好きですか?」と聞かれ戸惑っていたら、氏名と生年月日を聞かれました。
 
姓名判断をしてあげるからと言われ戸惑ったのですがその時はなぜか言うことを聞いてしまい、鑑定料の5000円を払いました。そこまでなら私も占い好きですし、怪しいけどなんとか話は聞いていました。
 
そのうち、神様の水だとか地獄へ行かないようにお祓いをしてもらえだの言ってきて、しまいには印鑑を買ったほうが運気があがるといわれ・・私は全然欲しくなかったから「考えます」と言いました。
 
でも「私が出会った人で考えますと言った人は100%買った人はいなかった」と、脅迫?みたいな感じで言ってきて私も頭がおかしくなってきて、この恐怖から逃れるにはいい顔してさっさと契約したほうが楽だと思い始めてしまったんです。
 
はいはいと、お話を進めてしまい、85000円の実印の申し込みをしてしまったのです。あれから頭から離れません・・契約書にはクーリングオフという言葉は書いていないのですが【※お申し込み内容について、万が一変更または解約ご希望のある場合はお申し込み日から八日以内に書類でお申し出てください】とあります。

 

相談事例4
8月友人宅で友人の母に「良い印鑑屋があるからいっしょに行こう。運気が上がる。うちの家族はみんな持っている。」と誘われる。料金はその時点で聞いていた。
 
翌日、友人の母親と駅で待ち合わせ来店した。まず方位学の話から始まり人生相談のような流れになり、最終的に印鑑の話になった。
 
「印鑑は大切で自分を後押ししてくれる。ぜったい持つべき。」と二人から言われて依頼してしまった。契約書は作成していなく、私は何も記入していない。担当からは、実印、銀行印、認印、朱肉それぞれの料金が書かれた紙をもらったのみ。
 
やはり契約を取り消してもらおうと思い、本日連絡したところ、「もう彫りはじめてしまった、3日前までならなんとかなったんだけど、もう無理ですね。」とのことであった。
 
消費者センターに相談したところ、「店舗に行っているので厳しいのでは」との回答でしたがもう無理でしょうか。

 

相談事例5
占いに関して、会社関係者が自宅へ訪問に来て、丁度、占い師にでも相談してみようかと思っていたことがあったので、つい話をしてしまいました。
 
そうしますと「1,000円丁度で講演会もしているので、是非、来てみてください」と言われ、その日は帰られ、後日案内状が届きました。
 
疑ってはいるものの、試しにどんなものかと言う気持ちと、訪問者が、「この先生はこの道何十年のベテランで、とても親切に鑑定料は講演会を聞いてくれた方は、通常3万円のところ1万円で見てもらえます。」と言うので、他の占い師とそんなに金額変わらないし、細かく親切にアドバイスしてくれるのならと、講演を聞きに行きました。
 
講演会は人数がいっぱいになると言っていた割りに、来た人はたった数人で、書類にもクーリングオフの欄があったので、何か怪しく感じました。
その後、鑑定が始まりました。書類をいくつか手元に出しながら、いかにも姓名判断しましたって感じのものを手元において、家系図を広げ、自分の名前や生年月日、家族の名前、生年月日、職業、また、自分たち親類、知人についても聞かれました。
 
今までのことも、こちらから話し、相手はただ家系譜に記入しているだけで、事前に教えていた姓名判断の書類には一切触れず、手相も見ず、主人のことは「ご主人、仕事とか大丈夫?」などと不安を煽ることしか言わず、開運法は次回じっくり3時間くらいかかりますので。と言われ、後日、改めていく事になっています。
 
ネットで悪徳商法を調べていくうち、霊感商法ではないかと思い、クーリングオフしたいと強く思いました。このまま相談していくと、印鑑を作らされたり、表札や掛け軸など購入しなければならなくなるのではと思い始めました。
 
個人情報を話しすぎ、今後の二次被害も心配です。悩みがあって相談したことが、個人のふところを探られた気分で気持ちが悪いので、クーリングオフの仕方が知りたいです。

 

無料相談・代行案内

無料相談 クーリングオフ代行
確実にクーリングオフしたい/通知する暇がない/方法がわからないなどお困りでしたら
行政書士によるクーリングオフ代行をご利用ください。無料メール相談も24時間受付中です
クーリングオフTOPへ
内容証明によるクーリングオフ書き方・出し方/書き方、出し方、クーリングオフ文例
訪問販売とクーリングオフ/訪問販売のクーリングオフについて
悪徳商法