ダイビングスクール・ライセンス・器材

無料相談・クーリングオフ代行
クーリングオフ相談・代行クーリングオフ代行行政書士事務所
クーリングオフtop 無料相談 クーリングオフ・解約代行 相談が多い商品・サービス
クーリングオフご相談から>スクール・その他
ダイビングスクール・ライセンス・器材の相談事例

相談事例1 中途解約
ダイビング受講の中途解約について契約を昨年しました。
2段階のステップがあり、1段階のみ受講を終了しております。しかしながら2段階目は病気や入院等あったため、休学届を出し、延長しました。
 
ちなみに復学手続きはしていません。しかしながら、相手からの連絡はなし。担当者からも連絡がありません。相手のミスにより休学を申し出したのですが、相手からの連絡は無いまままです。
 
確かにこちらから連絡しなければならないと思いますが、今後どうするのかを聞かない相手もどうかと思います。結局のところ、復学手続きはできておりません。

  

相談事例2 解約
スクールなどを分割払いを申し込みました。徐々に高額なスクールなどを勧められ、最初のう
ちは支払もしていたのですが、苦しい旨を伝えるとローンを組めば大丈夫といわれ契約しました。
 
そのローンを組む際、業者がスクールなどの契約なのに、ダイビング器材として組んでいます。器材は「今、スクールを申し込んでくれたら器材もセットでつける」といわれたのですが、渡されていません。
 
改めて器材としてローンを組んでしまうと解約はできないのでしょうか?昨年、この会社に行政処分が下りていたようなのですが、その一例が同じ点もあります。

相談事例3


無料相談・代行案内

無料相談 クーリングオフ代行
確実にクーリングオフしたい/通知する暇がない/方法がわからないなどお困りでしたら
行政書士によるクーリングオフ代行をご利用ください。無料メール相談も24時間受付中です
クーリングオフTOPへ
内容証明によるクーリングオフ書き方・出し方/書き方、出し方、クーリングオフ文例
訪問販売とクーリングオフ/訪問販売のクーリングオフについて
悪徳商法