クーリングオフ「味噌・しょうゆ」

クーリングオフについて解説/無料相談
クーリングオフ相談・代行クーリングオフ代行行政書士事務所
クーリングオフtop 無料相談 クーリングオフ・解約代行 相談が多い商品・サービス
クーリングオフ対象商品>味噌・しょうゆのクーリングオフ

調味料のクーリングオフ

 
今まで食品としては健康食品のみクーリングオフが適用されていましたが、みそやしょうゆ等の調味料が訪問販売でのトラブルが多いことから平成19年7月15日に施行され新たに追加されました。
 
訪問販売での購入
味噌、醤油、砂糖、香辛料、料理酒等
尚、注意点として、訪問販売に該当するにもかかわらず、クーリングオフに応じない業者がいるお聞きします。また、中には、業者名も名乗らず、書面の交付も受けずに買ってしまい、連絡の取りようがない状況もあります。
 
そのようなケースであれば、ほかに被害者に会われている方もいるかもしれませんので、直ぐにお近くの消費生活センターなどへご相談ください。

クーリングオフによる解約のポイント

クーリングオフは書面で

クーリングオフは書面による通知が条件となります。書面による通知の意味合いは、口頭ですと後で聞いていないと言われた場合に、クーリングオフをした証明ができなくなってしまう恐れがあるためです。
 
また、クーリングオフには期間が決められておりますので、期間内に通知した証拠を残してこくことも必要です。それらを考慮して、契約書を受け取った日を含めて8日以内に、郵便局の窓口で発送します。
 
具体的な作成方法や出し方として、はがきや手紙にクーリングオフ通知文を書いて簡易書留扱いで送る方法や配達証明付内容証明郵便で送る方法があります。
簡易書留で出す場合は、出す前に、書いた内容を証明できるよう自分用のものとしてコピーしておいてください。
 
通知方法 出す前に 出す際は(発信日の証明)
はがき・手紙 コピーをとって保管する 簡易書留を付けて出す
内容証明郵便 ルールに沿って書かかれているか確認する 配達証明を付けて出す
クーリングオフTOPへ
無料相談 クーリングオフ代行
味噌などの調味料を確実にクーリングオフしたい/通知する暇がない/方法がわからないなどお困りでしたら
行政書士によるクーリングオフ代行をご利用ください。無料メール相談も24時間受付中です
悪徳商法