換気扇フィルターのクーリングオフ(訪問販売)

無料相談・クーリングオフ代行
クーリングオフ相談・代行クーリングオフ代行行政書士事務所
クーリングオフtop 無料相談 クーリングオフ・解約代行 相談が多い商品・サービス
クーリングオフご相談から>換気扇フィルター
換気扇フィルターの相談事例

事例1 クーリングオフ
訪問販売されたのですが、換気扇のフィルターをつけられて予備を買わされました。現金払いとのことだったのですが、手持ちが無く振り込み払いにしました。
現状、お金を払ってないのですが換気扇のフィルターが家にあります。出来れば払いたくないのですがどうしたらいいのでしょうか?これはクーリング・オフ出来るのでしょうか?

 

事例2 クーリングオフ
夕方に訪問販売の人が来て、換気扇の説明をされて、そのあとフィルターを十数枚買わされました。 絶対必要なのか聞くと、「皆買っている」と即答され、なんだかおかしいと思いつつ結局1万5千円ほど払ってしまいました。
 
最初には2万円以上請求されたのですが、今そんなに持っていないと言うと、また残りの集金に来ると言って帰っていきました。会社名も名前も名乗らなかったので、連絡先はわかりません。相手の情報がわからない場合クーリングオフをする事は不可能なのでしょうか。

 

事例3 クーリングオフ
最近1人暮らしを始め、昨日、換気扇のフィルターの業者が家に来て500円でつけてもらえると聞いたんで、つけてもらったんですが、請求額が6930円でした。
 
1枚500円で、500円と600円のフィルタがあって、勝手に600円のフィルタをつけられました。だから、600円を550円に値下げすると言われました。
 
一晩考えてたんですが、これってクーリングオフできますか??


無料相談・代行案内

無料相談 クーリングオフ代行
確実にクーリングオフしたい/通知する暇がない/方法がわからないなどお困りでしたら
行政書士によるクーリングオフ代行をご利用ください。無料メール相談も24時間受付中です
クーリングオフTOPへ
内容証明によるクーリングオフ書き方・出し方/書き方、出し方、クーリングオフ文例
訪問販売とクーリングオフ/訪問販売のクーリングオフについて
悪徳商法