モニター商法のクーリングオフ

モニター商法とは?、手口・事例、悪徳商法対策・クーリングオフについて解説/無料相談、クーリングオフ代行受付中
クーリングオフ相談・代行クーリングオフ代行行政書士事務所
クーリングオフtop 無料相談 クーリングオフ・解約代行 相談が多い商品・サービス
クーリングオフモニター商法>クーリングオフの要件
クーリングオフの要件/モニター商法

クーリングオフ期間

消費者が契約した場合でも、業者から法定の契約書面を受け取った日から数えて20日以内であれば、業者に対して、書面によりクーリングオフすることができます。

業者から契約書面を受け取った日を1日目となります

クーリングオフする旨の書面を発送した時点で20日以内なら業者に解約の意志を伝えたことになります

クーリングオフ期間が過ぎてしまった場合

クーリングオフ期間が過ぎてしまった場合でも、契約書面を受け取っていない場合や契約の解除などの重要事項の記載の不備がある場合はクーリングオフ期間が進行しないと解されます。

また、平成16年11月11日以降の契約については、業務提供誘引販売業を行う者が、事実と違うことをいったり威迫したことにより、消費者が誤認・困惑し、それによってクーリングオフできなかった場合には、20日間を経過していても、消費者はクーリングオフできる場合があります。

詳しくは→クーリングオフ期間が過ぎてしまった場合

クーリングオフの効果、負担

違約金、損害賠償請求・・・請求されない
商品の引き取りまたは権利の返還に要する費用・・・業者負担
支払った一部の代金または取引料・・・購入者に返還
すでに引き渡しを受けていた商品・・・業者に返還

現状回復義務は契約者、業者の双方が負うことになりますので、業者は、支払われた代金、取引料を返還するとともに、消費者は引渡しを受けた商品を業者に返還しなければなりません。

モニター商法のクーリングオフ関連情報

クーリングオフTOPへ
無料相談 クーリングオフ代行
モニター確実にクーリングオフしたい/暇がない/方法がわからないなどお困りでしたら
行政書士によるクーリングオフ代行をご利用ください。無料メール相談も24時間受付中です
モニター商法